スマホ版サイトを見る
トップ > 別れさせ屋工作 > 別れさせ屋工作 工作事例

別れさせ屋工作 工作事例

浮気相手を別れさせたい 工作事例その1

東京都在住、会社員男性O氏(29)からの依頼で、交際して五年になり、結婚まで考えている恋人女性Eさん(28)に浮気相手が発覚し、どうにかして別れさせたいという依頼内容でした。
恋人Eさんの携帯電話のメールを盗み見たO氏はもうすでに深い関係だということにガク然とし「このままでは、彼女を取られてしまう」という不安に苛まれていたそうです。
一人で思いつめ、悩んだあげく、依頼に踏み切ったそうです。

浮気相手男性のデータは何ひとつない状況でした。
早速、調査員は恋人Eさんの尾行調査を開始。
あっという間に浮気相手S(32)の存在が浮かびあがりました。
データが全て出揃ったところで女性工作員が登場します。

調査の情報から、よく会社帰りにお酒を飲む居酒屋の近くで、女性工作員ユミとマキの二人で待機させました。
対象者Sの入店を確認すると女性工作員二人も後を追って入店します。
店の中ではわざと近くの席に座り、視線を時折送ります。
すると、時間が経つにつれ対象者Sからの視線を逆に感じるようになりました。
何故女性工作員が二人なのかと言いますと、対象者Sの好みの女性タイプが理解できないし、その場のノリを良くするために二人なのです。
片方を気に入らなかった時の保険という意味でもありますが、どちらに(二人ともかなりの美人)転んでもいいように、二重の作戦で行くことになりました。
気に入られない方はその後に微妙なエッセンスとなります。

対象者Sとは席が近いため意気投合するのにそう時間が掛かりませんでした。
同席して仲良くなることで良い印象を与えて異性として意識させるのです。
やはり、お酒の力を借りた方が男女の話は早い、そういうものです。

Sはユミをえらく気に入った様子でした。
ここまでくればこっちのもの、ユミもSを気に入った振りをして、少しずつ態度に出していきます。
酔った勢いで会ったその日に...、というのは遊んでいる女と思われるのを避ける為に初日はこれ位にしておき少しジラしておく位が効果的です。
連絡先だけ交換して今日の工作を終了させる。
その後にSと女性工作員ユミの交際がスタートしたのは言うまでもありません。

Sが恋人Eさんとデートをするという情報を依頼人O氏から聞きつけ、作戦開始。
ここで工作員マキが再び登場です。
Sと恋人Eさんがデートしているところをマキが目撃します。
慌てるS。
マキに近づき
「友達だよ」
マキ、「信じられな〜い。付き合ってるってきいたけど、ユミの事どう思ってんの?サイテ〜!」
Sは肩をがっくり落とし恋人Eさんとその場を立ち去りました。

その日の夜、マキがSに電話を入れます。
マキ「あんた最低ね〜。あの人とはどういう関係〜!?。」
S「あれは前の彼女で会ってくれってしつこいからさ〜。でも、もう会わないからユミにはだまってて...」とのらりくらり。
一応、もう会わないこととユミにも言わない事を約束し、電話を切りました。

依頼者O氏から連絡があり、Sと恋人Eさんがケンカをしているみたいだと情報が入りました。
そして工作員ユミは「早く会いたいな〜!」と甘いセリフを散りばめた求愛メールを送り続けます。
しだいにSは彼氏のいる恋人Eさんよりも「ユミ」へと気持ちが傾いていきました。
そしていよいよ最終局面へ…

依頼者O氏と恋人Eさんが食事をしている所へ工作員ユミがSを誘い出し、鉢合わせさせます。
亀裂の入った二人を完全に引き裂くのです。
浮かない顔で食事をしてる恋人Eさんは、鼻の下を伸ばしてやって来たSの顔を見て、はじめは冷静を装っていましたが見るみるうちに顔が赤くなり、まるで鬼の様。
Sはというと驚きのあまり、手が震え、何を言っているのかよく解らない位に動揺していた。
ここで工作員マキがトドメを刺しに登場。
「二人はいつも仲いいね〜。うらやましいな〜」
Sは振っ切れたらしく、もう笑うしかありません。

後日、Sは工作員マキに念押しされ、恋人Eさんに別れを告げる為、
「会って話したい事があるんだけど…」とメールを送ったところ、恋人Eさんから
「サヨナラ」
という四文字だけが返ってきました。
女性は一度気持ちが離れるとアッサリしたものです。
こうして、恋人Eは依頼者O氏の元へと...調査開始から約一ヵ月半、工作は終了しました。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金表

↑PAGETOP