スマホ版サイトを見る
トップ > 別れさせ屋工作 > 別れさせ屋工作の手順〜工作方法〜

別れさせ屋工作の工作方法

別れさせ屋工作の接触方法

対象者の生活環境や行動の中から、ごく自然な形での日常で起こりえる接触を行ないます。

  • 時間・場所や状況をうまく利用した物理的な接触
  • 仕事や立場上の環境・行動パターンを利用した人為的な接触
  • 恋愛感情や男女間の欲求を利用した感情的な接触

接触時に大切なのは対象者に与える第一印象キッカケです。
好感の持てる第一印象がなければ良い印象を与えることは出来ません。
キッカケ作りも偶然的なキッカケと必然的なキッカケに分かれます。
どちらのキッカケでも意識しなくてはならないことがあります。
それは、確実に次回の接触につなげられるように良い印象を与えることと記憶に残ること、そして状況設定作りです。
自然な演出が接触においての大前提であり、一度目の接触は状況とタイミングが重要で、そのような場面を作り出すためには綿密な事前調査とレベルの高い工作員の存在が必要となります。

二度目以降の接触では、初めて会ったこと、話したことを思い出させる演出や、再会しても不自然にならない状況設定に気を付けます。
そのために、一度目の接触から期間・時間・場所のタイミングや設定を考慮した上で二度目の接触を計ります。
警戒心や不自然さを感じさせないために、二度目以降の接触では複数の工作員を利用したり、異性の工作員も交えながら接触したりもするのです。
接触によりキッカケから対象者と工作員の間に、確実に接点を作り出すためには警戒心を解かなくてはいけないのです。

別れさせ屋工作の恋愛方法

キッカケをうまく利用出来れば顔見知りとなれます。
顔見知りから知り合いへ、そして知り合いから気になる存在へと対象者の気を引きます。
まずは対象者が”気になる存在”になることです。
工作員を気になり出したらもう”その気”なのです。
恋愛感情を抱く、下心を持つ等、異性として意識しはじめるのです。
このプロセスを短期間で行えるからこそ、別れさせ屋工作のプロと呼べるのです。

対象者の日常の中から気持ちへと入りこみ恋愛の駆け引きを行なっていきます。
日常から気持ちへと入り込むにはやはりマメな電話とメール連絡も大切です。
メール・電話で直接会う以上に恋愛をしていくこと、盛り上げていくこと、好きにさせることも可能です。
もちろんですが、会って一緒に過ごしている時も会話の内容や雰囲気作りも大切で、対象者との恋愛の距離感を確かめて、縮めながら工作員に興味・関心を持たせて恋愛関係となり、対象者は夢中になってゆくのです。

対象者が別れさせ屋工作員と恋愛して行く過程で、一時的な二股状態・三角関係になります。
恋愛工作なので、この二股状態・三角関係が長く続くわけではなく、対象者である彼氏の二股・彼女の二股を発覚させて別れを誘発させるのです。
このように、二股心理を逆手に取った別れさせ屋工作を演出することで、二人の恋愛関係を解消できるのです。

完全に別れさせるためには本気の恋愛

対象者によっては、自分が結婚していること、恋人がいることを工作員に隠しながら恋愛しようとする人もいるのです。
また、工作員と恋愛して行く課程で既婚者であること、恋人がいることを話してくる対象者も多いのです。
「実は夫(妻)とは上手くいってないんです・・・」
「今の彼(彼女)とは別れようと思って・・・」
なんて工作員に打ち明けることもしばしば見受けられる光景です。
こうなると対象者が自ら”別れ”を選ぶことは目前です。

しかし、中にはバレないように二股をかけようとする対象者もいます。
男性でも女性でも好きな人、付き合っている人に浮気されたり、二股を掛けられたり嘘を付かれたりすると傷つき、嫌いになってしまいます。
そういう状況を工作により、別れの場面として利用するのです。
デートしている場面、手を繋いでいる場面、恋愛関係である事実を知らせること、見せること、相手の家や対象者の家に行って話し合いの場を持つこと等の状況を利用し、別れへと導かせます。
この時、相手に知らせる行為は工作員本人が行なうこともあれば、工作員の恋人・婚約者・夫・妻・友人・・・役などの工作員が知らせに行きます。
また、対象者の周囲の人に間接的に伝えてしまうことで発覚させる場合もあります。

対象者が工作員に本気になれば相手との”別れ”を選び、工作員との新しい恋愛を選択するのです。
時に対象者はどのようにして相手と別れたらいいのかを工作員に相談することもあります。
そのような時、工作員も立ち合って別れ話をしたりします。
別れさせる場合、相手に「他に好きな人が出来たから・・・」と伝えるだけで別れてしまうこともよくあることです。
相手に未練が残らないように工作員という新しい恋人の存在を相手に伝える必要性は高いと言えます。

恋愛目的以外の接触方法も使う

工作員は、対象者と恋愛関係になるためだけに接触するわけではありません。
時には情報を得たり、気持ちや状況を確認するためでも接触を行ないます。
対象者の性格や生活環境を知り、考えてみた上で恋愛工作ではなく、対象者の周囲の人に接触し、これを材料として対象者を取り巻く人間関係や身内から圧力を掛ける工作を行なうことが効果的であり、結果として良い場合もあります。
このような時は、対象者の置かれた環境や立場を逆手に取った接触方法・工作方法を選び実行致します。
単純な接触方法・工作方法では上手くいかない場合には目的・目標に向けて接触方法を工夫して効果的な接触・工作方法を考えることが必要になります。

状況により様々な最終場面ですが対象者に対して決定的な”別れ”の場面を作り出すことに一切の手抜きや遠慮はありません。
結果に繋がること、考えられることは全て別れさせ屋工作中に行ないます。
”結果が全てであり、全てが結果です”
これが私たちに課せられた使命であり、任務であると心得ているからです。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金表

↑PAGETOP