スマホ版サイトを見る
トップ > 別れさせたい > 不倫から結婚

不倫から結婚

不倫から結婚したい

不倫から結婚したい

不倫している独身者側が不倫相手と結婚を望むことがあります。
不倫と割り切っていても、その不倫関係が長く続いたり、本気で恋愛することで「結婚したい」と考えるようになるのです。
不倫している独身者は不倫相手の既婚者が離婚しない限り結婚することは出来ません。
楽しかった不倫が辛い不倫に変わることで不倫相手の既婚者へ離婚を求めたりするのです。

不倫している既婚者は、離婚を求められることでその気持ちに応えたいと考える一方で家庭を返り見るのです。
現実的に「離婚できるのか」という葛藤と戦います。
独身者が答えを求めている中で、「離婚できない」と判断しながら不倫の関係を続けようとする既婚者もいます。
このような自分勝手な不倫関係では結婚することが難しいと言えるでしょう。
このような既婚者は自分の都合の良い話ばかりして独身者の気持ちを繋ぎ止めようとする人もいるのです。 自分の都合の良い話ばかりして独身者の気持ちを繋ぎ止めようとする既婚者もいるのです。

既婚者が離婚してくれないなら

不倫している独身者は、「このまま不倫を続けて将来があるのか・・・」、「二人に未来はあるのか・・・」と不安になり悩みます。
既婚者の本心を探ったり、自分から別れを切り出して駆け引きしてみても状況はなかなか変わることはありません。
既婚者が行動しない限り、不倫から結婚することが難しくなってしまうのです。

不倫から結婚を叶えるため、不倫が本物の愛なのか確認するために別れさせ屋工作を行なう人も少なくありません。
既婚者が離婚を決意するきっかけになる別れさせ屋工作を行ない、夫婦の絆や不倫相手の本心、自分たちの愛が本物なのか確認するのです。
自ら行動しない既婚者の環境に変化をつくることで見えなかった答えが見えてくるのです。
既婚者が配偶者に離婚を切り出せないでいる場合や離婚原因を配偶者側に作りたいと考えて離婚に前向きになっている場合もあります。
また、夫婦関係は破綻していると言っていたのに、実は夫婦仲がとても良いことだってあるのです。

不倫から結婚を望む独身者は、不倫相手の夫婦が離婚しても、自分が別れて不倫を解消することになっても今の辛い状況を変えたいと願う人が多いのです。
どちらの答えが出たとしても辛さを乗り越え、不倫相手の本当の気持ちを確かめた上で前向きに自分らしさを取り戻したいと考えるのです。
待っているだけでは離婚に踏み切らない、踏み切れないなら別れさせ屋工作の必要性も考えてみるべきかもしれません。
夫婦の別れさせ屋工作はこちら

二人が本気なら不倫から結婚できる

不倫という関係には、不倫する二人が純粋に愛し合っている前向きな恋愛というパターンがあります。
このような場合、出会うのが遅かったと言えるかもしれません。
お互いに純粋に愛し合って相思相愛の場合には後ろめたさを感じる必要はあまりないと思えます。
人間というものは、完璧なものではありませんから、間違った結婚をしてしまう場合もあります。
不倫が始まる前からその夫婦が破綻していたかもしれませんし、離婚を考えていたかもしれません。

不倫から結婚を望むのであれば、素直に不倫の非を認めて新しい人生をやり直せば良いのです。
お互いに愛し合っているのなら、離婚して再出発すれば立派な恋愛なのです。
不倫という関係は既婚者の離婚が成立してしまえば終わりです。
非難されることも文句言われることも無いのです。
不倫から結婚をして、幸せになった人はたくさんいます。
出会って好きになり、恋愛したことは仕方のないことなのです。
正式に離婚をして、二人が向き合い満たされる関係ならば何も恥じることは無いのです。
不倫から結婚を考えた真剣な恋愛であるならば、それは純粋な愛の形なのです。

不倫から結婚に踏み切るとき

不倫の愛が実り、いざ結婚できるとなった時は嬉しさと同時に悩むこともあるでしょう。
当然、全てを話せば親や周囲からは反対されることもあるでしょうし、相手の元配偶者とのトラブルも考えられます。
障害のある結婚に迷ったときは愛情が本物であるかどうかを考えましょう。
二人の間に本物の愛があるなら、どんなに障害があっても関係ありません。
二人の愛に不安があったり、その障害を乗り越える自信がない、器量がないという場合には考え直した方が良いでしょう。

「やっぱり周囲に反対されたから結婚できません」とは言えません。
不倫から結婚することは甘い考えではいけないのです。
どんなに反対があっても、困難な出来事が予想できようと愛を貫けるだけの自信が自分にあるならば結婚に踏み切ればいいし、自分の中に不安があるのなら、今はその時期ではないと時期をみるのも大切な勇気です。

愛情が本物か確認する

不倫している時は燃えるような恋愛をしていたのに、結婚できる環境になった途端に冷めて別れてしまう人たちもいるのです。
障害がある恋愛ほど燃え上がり、障害がなくなると冷めてしまう場合は「不倫」に燃えているだけなのです。
障害のある結婚を考える場合は、二人の愛が本物か、本当に必要と求め合っているかと自分と相手を見つめ直すことが大切なのです。

もし不倫の末に相手と結ばれるならば、「あなたが原因で離婚をした」という気持ちを相手に残させないことです。
お互いが求め合った結果、二人が結ばれただけでそれ以上の責任やプレッシャーを感じる必要は無いでしょう。
あくまでも前向きな姿勢で恋愛から結婚を考えて貫けば良いのです。
また、不倫から結婚しても相手の元配偶者のことを悪く言ったり、過去をほじくり返して文句を言ってはいけません。

相手の過去も背負う覚悟が必要

既婚者に子供がいる場合は、離婚が成立しても完全に元家族との縁が切れることはないでしょう。
元配偶者とは子供の父親・母親としての関係と責任が続きます。
また、月に一度か週に一度かわかりませんが子供に会いに行くこともあるでしょう。
離婚する配偶者のことも思いやり、考えてあげるくらいの気持ちの余裕や理解する器量が必要かもしれません。

相手を愛していて離婚させてでも一緒になりたいと本気で思うなら、相手の過去も一緒に背負って生きてゆく覚悟を持って下さい。
間違ってはいけないのが不倫から結婚を望む場合、「相手が本当にあなたを愛していて、必要としている場合に限る」ということです。
不倫から結婚できるのは、お互いの気持ちが同じであるということが重要です。
今一度、相手と向き合い本当の気持ちを確かめてみて下さい。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金表

↑PAGETOP