スマホ版サイトを見る
トップ > 別れたい > 婚約を解消したい

婚約を解消したい

婚約しても結婚を迷う人は多い

「このままこの人と結婚して良いのかな・・・」と悩む婚約者は意外にも多く存在します。
人生の一大イベントである「結婚」を目の前に不安を感じる人も少なくないということになります。
結婚に迷いがあるということは婚約したことを後悔している可能性があると言えます。

  • 結婚して幸せになれるのか不安。
  • 結婚に対して経済的な不安がある。
  • 婚約相手に対して愛情が薄れている。
  • 忘れなれない人の存在がある。
  • 他に好きな人ができた。

しかし、結婚することが不安という理由だけでは婚約解消することは出来ません。
婚約解消するためには正当な婚約解消理由が必要になります。

【婚約解消の正当な理由】
  • 婚約当事者間で婚約解消することに合意している。
  • 婚約相手の不貞行為が発覚した。
  • 婚約相手に重大な嘘をついていた。

上記のように正当な婚約解消理由が無い場合には婚約解消することは出来ません。
それでも一方的に婚約解消する場合には慰謝料・損害賠償請求の対象になってしまうのです。

婚約を解消するために

婚約を解消したい

婚約相手に対して、別の恋愛を持ち掛ける別れさせ屋工作が最も効果的であり、新しい恋愛をすることで婚約を解消することができるのです。
「婚約相手の不貞行為が発覚した」という理由は、婚約解消において正当な理由になります。
このような状況をつくることで、慰謝料や損害賠償無く婚約解消に踏み切れるのです。
結婚してから離婚するよりも、「何か違う・・・」と感じたときに婚約解消を決意するべきなのです。

また、婚約しているので自分から婚約相手に「別れたい」とは言いづらいものです。
そこで、別れさせ屋工作によって婚約相手に婚約解消の原因をつくるのです。
別れさせ屋工作による「婚約解消方法」を用いる場合には別れたい婚約相手との状況を詳しく教えて頂いております。
恋愛してから今現在までの経緯や恋愛中の出来事、「別れたい」と思う理由について、下記のような事項を詳しくお聞きしています。

【婚約相手と別れたい人への確認事項】
  • あなたが「別れたい」と思っていることを婚約相手が知っているのか
  • 婚約相手と別れたいと思った理由
  • 別れたくないという婚約相手の言い分
  • 婚約相手との恋愛状況(会う頻度・連絡の頻度・同棲生活・婚約の有無)
  • 婚約相手の環境
  • 結婚式や入籍の予定

婚約を解消する別れさせ屋工作

婚約している関係にある場合、すでに周囲の人達(身内など)にも認知されているということになります。
この点を踏まえて別れさせ屋工作を行なう必要があるのです。
例え、婚約していても男性であり、女性である以上、別の異性に興味を持つことはあるのです。

また、マリッジブルーという言葉があるように、「このまま結婚して良いのか・・・」という迷いや不安は誰にでもあるものです。
恋愛の熱が冷めてしまっている態度を表に出すことが必要な場合もあります。
婚約相手がその空気を読むことで温度差を感じます。
そうすることで婚約相手もまた迷ってしまったり、不安になってしまうものです。
このときに婚約相手に対して別の恋愛を持ち掛ける別れさせ屋工作が最も効果的です。
工作により新しい恋愛を作り出し、今の恋愛を清算させることで“婚約解消”を演出します。

最終局面において、効果的と判断すれば周囲の人を巻き込んだ工作も必要になる場合があります。
お付き合いや同棲している二人とは違って、少なからずは周囲に祝福されて婚約しているはずです。
婚約を解消する時には二人だけの問題ではなく、親族間の問題や世間体などもあるために身内が婚約解消を認めないケースも多いのです。
その為にも周囲の人達に”婚約解消に至った事実”を知って頂く必要があるのです。
婚約者の不貞行為が発覚すれば、周囲の理解を得て婚約解消という結果になるでしょう。
婚約を解消したい悩みを抱えているならまずはご相談下さい。
ご依頼者様の中で、自分の秘密を他人に話すことに対して抵抗のない人は皆無です。
しかし、勇気を出して解決への第一歩を踏み出してほしいのです。
悩んでいるだけでは解決できないのです。
別れさせ屋エージェントは、別れたい悩みを真摯に受け止めて、一歩一歩の支えとなり解決に向けて真剣にお取り組みさせて頂きます。

  • お問い合わせ
  • 別れさせ屋料金表

↑PAGETOP